QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
haL
haL

2017年07月11日

グロックのマガジン

グロック17の外装カスタムにとりあえず満足したので、

次に欲しくなるのは…

そうです。スペアマガジンです。買いました。

グロック22のマガジン。

どうしてもマガジンバンパーつけたいマンだったのですが、

グロック22のマガジンはマガジンバンパーが付属してるんですよ。

グロック17のマガジン2500円+マガジンバンパー1700円に対して、

グロック22のマガジンはマガジンバンパー付属で3000円。

比べてみます。



左22用 右17用

22用にはなんか窪みが設けられてます。



左22用 右17用

裏面の表記は、実銃において使用弾が異なるので表記も異なります。

銃とマガジンを統一したい方はここらはネックでしょうね。

22用の、GUARDER製ピンクフレームへの装着感としてはちょっと前後にカタつきますね。

17用のほうがしっくりきます。

で、マガジンバンパー。



左22用 右GUARDER製

前方の「く」の字部分が、22用は折り目?が付いていて、GUARDER製はなだらかになってます。

GUARDER製に見える白っぽい点の部分がゲート跡ですかね?



左22用 右GUARDER製

22用はここに大きめのゲート跡があります。



左22用 右GUARDER製

底面です。22用はグロックマークの下に東京マルイの商標があります。

GUARDER製の底面には穴が開いてますけど、ここからガスを注入できるわけではありません。

ガスの注入はどちらにしてもマガジンバンパーを一旦外す必要があります。

あと、マガジンバンパーが付いたマガジンはかっこいいと思うんですケド、




マガジンポーチのフタが止まらないんですよね。



  

Posted by haL at 02:04Comments(0)

2017年07月10日

グロックレシピ




●本体、スライド (グロック17) 東京マルイ
●フレーム マルイG17/18C用オリジナルフレーム(USA Ver./Pink) GUARDER
●マグウェル (グロック17/18C マグウェルBK) GUARDER
●マガジンバンパー マルイ/KJ グロック用ロゴ入マガジンバンパーBK (+2タイプ) GUARDER
●トリガー (マルイG17/18C用ZEV Techタイプアルミトリガー -BK) GunsModify
●フロントサイト (フラッシュFサイト 東京マルイ グロック用 レッド) フリーダムアート


ZenitカスタムのAK74に合うサイドアームで悩みまして、

CZ P-9と迷ったんですけど、エアガンとしての信頼性から、とりあえず東京マルイ製のグロックに。

それが、ハンドガンをいろいろ検索してると、いろんなパーツを知り、いろんなカスタムを見てしまって…

最終形態はロシアの風をまったく感じることのないモノになってしまいましたw

ええと。ちょっとでも役立つ情報としては、GUARDERのピンクフレームとマルイのスライドはそのままでは動きが渋いです。

フレームを、具合を見ながらちょびっとヤスリました。

他には特に困ったこともなく、中身の移植もすんなりです。

他のパーツの取り付け、交換も問題なかったです。










  

Posted by haL at 02:31Comments(0)

2017年06月18日

パッチパネル




ミリタリーの装備を用意したアカツキには、お気に入りのパッチをぺったぺった貼りつけたいと思っていたのですが、

自分の装備にはパッチベースがなかったので、さて困りました。

探すと、パッチパネルとゆうものがあるじゃないですか。

molleに装着できるやつ。はーmolle便利。

だけど、意外とパッチパネルの大きさって種類がないもんなんですね。

ありました。欲しい大きさ。



L.E.M IDパネル L

横4コマ。 縦5列。 ちょっと大きめなのがうれしい。

腰周りにmolleの空きがあるので、そこにもパッチつけたい。ポーチもつけたい。

ありました。パッチベース大きめのポーチ。



ミルスペックモンキー ステルスコンパクトポーチ (カラー:RG)

ふむふむ。とりあえず満足。

ついでに。



LayLax ベルクロパッチパネル RG

横3コマ。 縦4列。







  

Posted by haL at 00:02Comments(3)

2017年05月02日

ドラムマガジン

なくてもいいけど、一度使ってみたい。

それがドラムマガジン。

SRC製です。




SRC製ドラムマガジンの特徴は正面にあるスリットですね。

このスリットは本物のドラムマガジンにはないらしくて、リアルさには欠けるようですが、このスリットの形状は嫌いじゃないんですよねえ♪(´ε` )

表のレバーと中の仕切り板が連動してます。







スリットがレバーの可動範囲。

表のレバーで仕切り板を下まで下げたまま
弾いっぱい入れーの
蓋閉めーの
で、準備完了。

それとリモートスイッチ。




ここの隙間から生えてます。

単4電池が4本。

LCTクリンコフへの取付具合は、全体的になんかぐらぐらします。左右のぐらぐらひどい。いつかテープ貼ろう。

給弾の具合はサバゲで実際つかったわけではないのですが、ちょびっと試し撃ちした限りでは給弾されました。

あと指紋がすげえつきます∑(゚Д゚)

ちな、このドラムマガジンのモチーフはRPK用75連みたいです。

RPKとAK74の使用弾薬は違うので、あり得ない組み合わせのはずです。


まとめ。


zenitカスタムのクリンコフには似合わない(*´Д`*)







・・・と、思いましたが、改めて見ると・・・いや、でも、、うーーーーーん。  

Posted by haL at 10:20Comments(1)

2017年02月24日

クリンコフ外装最新レシピ





●本体 (AKS74UN) LCT
●ストック Zenit(PT-1)タイプ CORE
New ●ロアハンドガード Zenit(B-11)タイプ ASURA DYNAMICS
New ●アッパーハンドガード Zenit(B-12) Zenit
●グリップ (M70AB2) LCT
●フォアグリップ Zenit(RK-0)タイプ TWI
New ●ハイダー クリンコフハイダー LCT
●ドットサイト (SURE HIT ACCURA) ノーベルアームズ
●マウントベース Zenit(B-18)タイプ TWI
●マグニファイア (3X Tactical Magnifier) ノーベルアームズ
●サイドマウント (AK-302+AKR) RSREGULATE
●ライト SUREFIRE(M300)タイプ NB
New ●ライトマウント (THORNTAIL SBR lightマウント) HALEY STRATEGIC

重さ 4.5kg  
タグ :Zenit

Posted by haL at 00:00Comments(0)

2017年02月22日

うさぎ

はぁ?ヌイグルミってなんだよ。

抱っこして寝ろってか。

はぁ?molleに付けれますってなんだよ。

ジャマだろ。

だいたいかわいくないだろ。

まったく……なんだってんだ( ´Д`)y━・~~


Stuffed Rabbit MCB(マルチカムブラック) AVANTE

まぁ。それはともかくピクニックに行くんじゃねーんだぞ。

TPOを考えろよな……まったく( ´Д`)y━・~~


1/6 チェストリグ

……これからよろしくなシャルル。


  

Posted by haL at 22:22Comments(2)

2017年02月21日

ハイダーの選び方


左、クリンコフハイダー   右、天海春香

このハイダーはLCTクリンコフに最初から付いてくるヤツで、他のメーカーのモデルでもよく目にします。

カスタムするなら、ハイダー変更は基本でしょ。と思って

今つけてるzenitハイダーよりもっと個性的なものはないものかと、ネットをウロウロしてたときに知ったんですけど、

このハイダーって実銃だとクリンコフに確実な動作をさせるための工夫がされたモノなんですねえ。

もちろん他のハイダーでも撃てるみたいですけど、その意味を知ったのでハイダーはこれをつけようと思いました(*´ω`*)

  
タグ :ハイダー

Posted by haL at 20:03Comments(0)

2017年02月19日

Zenit(B-12)タイプ TWI製アッパーハンドガードについて

このB-12ってパーツは、ぼくがZenitカスタムをする決め手となったパーツなんです(*´Д`*)

むき出しのボルト。アシンメトリーな形状。ウッドハンドガードのチラ見せ。

もともとのウッドハンドガードを残したまま、かぶせるだけの横着?なパーツ。それがB-12。

はーなんて素敵なんだ(*´∀`*)


TWI製B-12

このB-12ってパーツは4本のボルトでロアハンドガードB-11のサイドレイルに止めるんです。

TWI製B-12はボルト同士のピッチが狭いです。

なので、


TWI製B-11

こんな風にレイルの横っ腹をゴリゴリしちゃいます。

こういう形状のパーツなんで、もしかしたらピッチが合わないかもって心配はしてたんです。

だからこそ同じメーカーのパーツにしたんですけどねえ。

あと、トップレイルの形状がよくないです。

ちょっと浅いです。



ついでにゆうと、凹のセンターが出てないです。



いちゃもんつけたいわけじゃないんです。

ただレイルに関しては、他のパーツの取付用の部位なので、形状にはこだわってほしかったなーって思うんですよね。

まとめ。


良い点

TWI製のパーツは仕上げが丁寧な印象です。全部をTWI製で揃えたい方ならば…

わるい点

取り付け用ボルト同士のピッチが狭い。

トップレイルの形状がわるい。  
タグ :ZenitB-12TWI

Posted by haL at 15:06Comments(0)

2017年02月15日

Zenit(B-11)タイプ ASURA DYNAMICS製ロアハンドガードについて

いったんは完成したハズのzenitクリンコフでしたが、どうしても気になるとこがあったので、新たにパーツをゲット。


ASURA DYNAMICS製のB-11


zenit実物B-12


ASURAのB-11ですが…雑じゃね?ε-(´∀`; )


本体への取り付けはゴムハンマーで叩きいれるほどにはキツい。

でも、削ることなく取り付けできますね。LCT製クリンコフにはポン付けできると言っていいと思います。

実物B-12を取り付けたところ、アッパーレイルがほぼセンターにきます。

ASURA製のB-11はTWI製と比べて、パーツの幅が広いことが要因でした。

アンダーレイルの形状もいいですねー。

まとめ。


良い点

レイルの形状がいい。

LCT製クリンコフにポン付けできる。

アッパーハンドガード(B-12)がセンターにくる。


わるい点

仕上げが雑

なんかニオイがしますw塗料?



  

Posted by haL at 21:24Comments(0)

2016年12月14日

RS REGULATE「タイプ」 AKサイドマウントについて




RS REGULATEのAKサイドマウントは、基部となるパーツと用途別のアタッチメントパーツからなる分割式のサイドマウントです。

組み方によってはクリンコフに対応します。ひゃっほう。

で、

RS REGULATE「タイプ」のAKサイドマウントについてです。

市場で6000円弱で売ってるヤツです。




いくつか気になったことのひとつはセンター出しです。

LCT製クリンコフに取り付けた限りでは、基部パーツが銃本体に対して水平に取り付かないです。



大げさにゆうとこんなカンジです。大げさにゆうとですよ。

これは実物でもそうでした。なので、アタッチメントパーツの取付位置で調整したいところですが、



左 実物   右 レプリカ

実物と比べると、パーツ形状の違いから、調整範囲がちょっとせまいです。

トップレイルの部分は、ほぼセンターに寄せることができますが、それでもど真ん中とはいかないですね。これがギリいっぱいです。




基部パーツに取付角度があるため、そのままトップレイルに乗せた光学機器はさらにセンターからずれます。

ゆうても、マグニファイアを乗せてこれくらいです。2mm弱程ですかね。



画像上部にあるのはリアサイトに直接乗せる方法で取り付けたドットサイトなので、これをセンターの目安としています。

気になったことのふたつめ。

大問題。

これ…基部パーツの銃本体への取り付けがスカスカです。(LCT製サイドマウントベースに対して)

サイドマウントの存在意義はサイドマウントベースに取り付けることができることが大前提でしょうに。

サイドマウントベースに取り付けることのできないパーツをサイドマウントと呼んでいいのでしょうか。哲学です。

穴のないドーナツをドーナツと呼んでいいのでしょうか。いいです。

仕様上のギリギリまで取り付け幅をせばめて、なお0.85mm程度足りないんです。

↓ これで、装着できます。




アクリル板を両面テープでくっつけてるだけです。

これらのことは、間になにかはさめば解決できる程度の問題ともいえますし、サイドマウントととして致命的な欠点ともいえると思います。

使用目的(ドットサイトやスコープのみを取り付ける場合)や毎回外す必要があるかどうか(バッテリーがトップカバー内収納かそうでないか、あるいはGBBか)によっても、許容できる感覚がちがってくるんじゃないでしょうか。


まとめ。


良い点

アタッチメントパーツの種類が多い。

パーツ同士はストレスなく組むことができる。

ワンタッチ取付レバー自体の再現はできてる。


わるい点

基部パーツの銃本体への取り付けがスカスカ。

そのままではセンターが出せない。






以下、ちょっと自慢しちゃいます。


実物のRS REGULATEのAKサイドマウントには数種の基部パーツのラインナップがあって、レプリカパーツと同形状の万能型「303」のほかに、アタッチメントパーツ取付用レイルがフロント寄りのみの「301」や、リア寄りのみの「302」などがあります。

で、

302の基部パーツだと




ストックが折りたためます。




お気に入りポイントなんです!(*゚▽゚*)うへへ

  

Posted by haL at 12:30Comments(0)